スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

練習日記2014〔1月30日〕

早いもので、2014年が始まって1か月経ちましたね。

例年より雪が少ないですが、油断はできません。

2月になると電車が遅れるほど積もります。

練習に出られるかがかかってるので、私は今からヒヤヒヤです。




図書館に入るといつもより静か。

トランペットの音がよく聞こえる。


ホールのドアを開けて中にいたのは……………、局長だけ。


その後誰かが来る様子もなく、今回は以下のとおり。

サックス   アルト1人
トランペット 1人

以上2人。



普段こういった状況ばかりなので、ブログを読んでいる皆さんの中には、あまり良いイメージをお持ちでない方が多いかと思います。

今回みたいな状態の日もあります。

私たちだって、練習しながら「もっと人数がいるといいのにな…(´Д`;)」と思う事もたくさんあります。

人数がすべてじゃないし、大人数まではいかなくても、人数いたらその分楽しい。

アンサンブルのようなスタイルもいいけど、それだけでなく、「吹奏楽の曲」をちゃんと演奏できたらもっと楽しい。

じゃあなんで、あのような状態でも練習に出てるのか、って?

「独りじゃサミシイ(>_<)」から以上に「複数の人数で吹く楽しさを知っているヽ(´∀`)ノ」から、今活動している団員は練習に出てきているのだと思います。

だから、いつもたった数人しかいなくても、あきらめたりないで活動してるのです。

みんなが楽しそうに人前で吹いてるところ、それでお客さんが楽しんでくれるところ、もっともっと見てみたいのです。


…何が言いたいかわからないものになってしまいましたが、更に広々としていたホールの中でそう思ってました。
スポンサーサイト
 

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/ 02/ 04( 火) 08: 21: 07| | # [ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://merrywindmen.blog.fc2.com/tb.php/217-85f06f14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。