ご来場ありがとうございます。

五泉市民吹奏楽団は1999年8月19日に発足した、新潟県五泉市を活動拠点とする市民吹奏楽団です。

独り言の多いブログではございますが、これで少しでも当団のことを知って興味を持ってもらえたら…と思います。

旧ブログはこちら

「たまねぎ侍 Ver.Twitter」やってます。しょうもない独り言と雑談ばかりですが、こちらもよろしくです。
まれに、有力(?)情報や本番の実況もやってます。
Twitterを登録されてる方、「@tamazamu」をフォロー!していただけるとうれしいです☆

もちろん、当団の公式ホームページがあります。

そして、Facebookページもあります!

Facebookに登録されてる方は「いいね!」を押していただけるとうれしいです☆
※Facebookに登録していない方もご覧になれます。 
スポンサーサイト

当団あてのご連絡(2016年4月から)

入団・見学・依頼演奏・その他もろもろのお問い合わせ・ご相談は以下の方法で受け付けております。

1.当団のメールアドレス(gosencitybrass@yahoo.co.jp)に直接メール
2.当団ホームページのメールフォームから
3.各種SNSに登録されている方は、以下の方法もご利用いただけます。
  *当団のFacebookページに書き込み、もしくはメッセージ
  *たまねぎ侍@ブログ管理人のTwitter(@tamazamu)あてにリプライまたはダイレクトメール
  *LINEでメッセージ(当団のID→@kme6876f)
    2016_020121_1556_127_002_001.jpg

よろしくお願いしますm(__)m


 

練習日記2017〔6月15日〕

おばんなりました、たまねぎ侍です\(0\0)/トウッ!


フルート   2人
サックス   アルト1人
ホルン    1人
トランペット 1人
トロンボーン 1人


この日も「規定の1曲」が中心。

先回はクラリネットの若手2人と苦戦していましたが、この日はフルートの2人と苦戦です。

合奏前から3人で合わせて合わせて、何とかいける??

木管組揃ったらどうなる??

最後まで通せるようになってから、見えるようになったところも出てきました。


「ここってこうなっているのね」

「やった!○○の部分合うようになった\(^o^)/」

みんなで考えたり、喜んだり、検討したり…。

こういった瞬間をシェアするって、忘れがちだけど、すごい大事な事ですね。



個人的に全然できなかったところが、完全に指が回らないけど、食いついていけた。これだけでも大きな一歩☆
 

Spree日記2017〔6月11日〕

おばんなりました、たまねぎ侍です\(0\0)/トウッ!

追加練習ですが、ジャズストリートの日にちが近づいて来たので日曜日練習の練習日記を期間限定の「Spree日記」として書いていこうと思います。
IMG_20170612_203127_647_170611_001.jpg 

ジャズストリートのポスターが古町6番町のモール内の柱すべてに貼られていました。

気分が上がります!

Spree5000の出没日時と場所はこちらで確認できます☆



クラリネット  B♭2人
サックス    アルト1人
ホルン     2人
トランペット  1人
トロンボーン  1人
パーカッション 1人

この日のメンバーは8人。

パーカッションの助っ人さん1人、この日から参加です。


「鬼門」となりつつある「規定の1曲」を、いつものごとくリズムマシーンを使って合わせているのですが…。


タイミングがわからない(>_<)

これでいいの??

拍がわからなくなる(T_T)


木管組(私含む)の静かな悲鳴が聞こえそうな程の状態。


ドラムだけでは…という事で、ワガママ言って拍を取ってもらって合わせました。
 

練習日記2017〔6月8日〕

おばんなりました、たまねぎ侍です\(0\0)/トウッ!



フルート   1人
クラリネット B♭3人
サックス   アルト1人
ホルン    1人
トランペット 1人
トロンボーン 2人

9人で練習。


「デューク・エリントン・メモリアル」と銘打っているだけありまして、新潟ジャズストリートの規定で「演奏曲目にエリントンの曲を1曲以上」入れる事になっています。
今回はその規定に基づいて選んだ1曲を重点的に練習しました。

そうです。

「A列車で行こう」でおなじみのデューク・エリントンです。

今年私たちが選んだ“規定の1曲”は…恥ずかしながら合奏で1曲通せた事がありませんでした。

が、重点的に練習したおかげで今回ようやく最初から最後まで通すことができました。


やったね!ヽ(≧∀≦)ノ


音源だけではわからない事もありまして、やっていくとメロディーや流れにパターンがあったりして、それぞれ「何か」をつかんだ様子でした。


ドラムがいないと無理があるな…と思う事もあるのですが、その状況の中、リズムマシーンを使ってですが、管の人たちだけでここまでがんばったな…。


ベースの助っ人さんはすでに日曜日練習に来られているのですが、近々来られる打楽器隊の方々が入るとどうなるのか楽しみであります。